看板犬モスビーのひとりごと

とある酒屋の看板犬『モスビー』が日常の出来事や家族について徒然なるままにもらすひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

看板犬の出会い その1

070723-1.jpg


全国のみなさん、おはようございます。
ボクは今日も暑さにバテバテです。

さて、今日はボクと家族の出会いについてお話したいと思います。
ボクと今の家族との出会いは、さかのぼること10年前。1997年の冬のことでした。
冷たい風の吹く1月11日、ボクのお母さんの飼い主である人間のおじさんが、ボクたち兄弟を静岡県三保松原の砂浜に並べて里親を探してくれてたんです。
おじさんが言うには、ボクのお母さんはシベリアン・ハスキー。お父さんはどこの馬の骨ともわからない犬なんだって。犬なのに『馬の骨』。
でもボクは密かに、お父さんは秋田犬かなんかの、立派な犬なんじゃないかって思っているんです。だってボクの身体は無駄に大きいし、犬図鑑に載っていた秋田犬の体格はボクにそっくりでしたから。

ボクの兄弟は、ボクは覚えていないけど他にも何匹かいたそうです。そこに通りかかったのが、今の家族のご長男。

「どうしてボクを選んでくれたの?」
って聞いたら
「おじさんに『はい、これ』って渡された」


070723-2.jpg


 ||l ○l ̄l_
えーーーーーーー!?
ボクが一番かわいくてお利口そうだっただから、とかじゃないんですか?
でも、でもね、考えようによっては、運命的ですよ?ボクやご長男の意思は関係なく、神の意志(おじさんの気まぐれ)によってボクらは出会えたんだから。

かくしてボクはご長男に連れられ、酒屋の看板犬となったわけです。


とりあえず、今日はここまで。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/23(月) 09:08:59|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mosbee.blog114.fc2.com/tb.php/3-3e35f466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。